ザ・スカルプ5.0CはDeeper3Dと比較してみると何が違う?

ザ・スカルプ5.0CとDeeper3D 価格はどっちがお得?

@ 容量について

 

トリムクール

 
ザ・スカルプ5.0C 1個当たり80ml 使用期間1ヶ月 

 

 

 
 
 
 
 

 
Deeper3D    1個当たり60ml 使用期間1ヶ月 

トリムクール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A 初回購入の価格について

 

ザ・スカルプ5.0C

 

4,980円税込 送料無料 (定期購入定価10,000円税込) 

 

※ ザ・スカルプ5.0Cは、公式サイトによると2回目以降 定期購入定価の10,000円税込

 

Deeper3D

 

14,100円税込 送料無料(定価18,154円税込)

 

 

※ Deeper3Dは、2回目以降 13,360税込

 

 

B 半年続けた時の購入価格について

 

ザ:スカルプ5.0C

 

53,480円(定期購入6ヶ月目)

 

Deeper3D

 

62,370円(6本セット価格62,370円税込み)

 

 

このように価格を比較してみると、初回導入時もザ・スカルプ5.0Cの方が、Deeper3Dよりもお安く購入
でき、長く使った場合も同じようにザ・スカルプ5.0Cの方が最安値で購入できます。

 

また、ザ・スカルプ5.0Cには、使い続けることで、通常会員<VIPブロンズ会員<VIPシルバー会員<VIPゴールド会員と本体価格が1本当たり500円ずつ安くなっていきますので、使えば使うほど価格に関してはザ・スカルプ5.0Cがお得ですね。

 

価格の面では、ザ・スカルプ5.0Cの勝利

ザ・スカルプ5.0CとDeeper3D 返金保証制度はどっちが安心?

商品を使用した際に肌に合わなかった場合に、ある一定の期間の間なら返金保証される制度のことをいいます。

 

両商品ともに返金保証制度があります。

 

ザ・スカルプ5.0C

 

ザ・スカルプ5.0C

 

返金保証期間60日で最大2本分が返金可能(公式サイトで定期コースで購入の場合)

 

Deeper3D

 

ザ・スカルプ5.0C

 

返金保証期間14日間(公式サイトで定期コースで購入の場合)

 

また、Deeper3Dには、お試し用の10mlのボトルが付いています。

 

まずは、コチラを試して肌に合わなかったりした場合に、本品の返金を保証するシステムです。

 

つまり、本品を開封してしまったら、返金は出来ません

 

 

返金保証制度に関しては、ザ・スカルプ5.0Cが保障期間も長く、最大2本まで対象となるので、Deeper3Dよりも有利なことがわかりました。

 

全額返金保証ではザ・スカルプ5.0Cの勝利

ザ・スカルプ5.0CとDeeper3D 配合成分はどっちがいいの?

今注目のキャピキシルは、ザ・スカルプ5.0C、Deeper3Dともに5%配合されています。

 

そのほかの成分も比較的似ていますが、以下に成分の特徴を比較してみました。

 

 

ザ・スカルプ5.0C

 

・全部で41種類の成分、豚プラセンタ、成長因子配合

 

・発酵プラセンタ+グロスファクター(成長因子)

 

ザ・スカルプ5.0C

 

※ 頭皮を活性化させるEGFと真皮を活性化させるFGFを摂取できます。

 

 

Deeper3D

 

・全部で36種類、モンゴロイド3大伝承成分、8種の成長因子

 

ザ・スカルプ5.0C

 

配合されている成分の数を見てみると、ザ・スカルプ5.0Cの方が多いですが、成長因子の数を見てみるとDeeper3Dの方が多く効果が期待できます。

 

配合成分ではDeeper3Dの勝利

ザ・スカルプ5.0CとDeeper3D 髪の成長因子を比較!

もう少し成長因子の違いを詳しく検証してみたいと思います。

 

ザ・スカルプ5.0C

 

・SPF豚プラセンタ
  EGF−髪のヘアサイクルの中で休止期の時間を短くする
  FGF−毛母細胞が増える
・オクタペプチド-2
  人が本来持っている頭皮の環境を整える
・オリゴッペプチド-41
  毛髪にアプローチし頭皮をサポート

 

 

Deeper3D 

 

・KGF(ヒトオリゴペプチド-5)
  毛髪の成長にかかわり、頭皮・毛髪を健やかに保つ
・IGF(ヒトポイrペプチド-31)
  毛髪の成長を整え頭皮に潤いを与える
・FGF-1(ヒトオリゴペプチド-13
  毛根部のも毛母細胞を活性化する
・プラセンタ(馬プラセンタ)
  アミノ酸・不飽和脂肪酸を含む胎盤から抽出したエキス
・プロヘリアンβ4(オクタペプチド-2)
  毛包のバルジ領域を保湿し毛包細胞を活性化
・リジュリン(アセチルデカペプチド-3)
  繊維芽細胞を活性化する
・燕の巣(シアル酸)
  シアル酸を多く含み毛髪の成長を促進する
・プロテオグリカン
  繊維芽細胞の働きを促進し頭皮を保湿・保護

 

ここで注目なのは、Deeper3Dには、プロテオグリカンという成分が含まれる点です。

 

プロテオグリカンはいくつかの糖が結合したタンパク質のことですが、肌にうるおいやハリを与え新陳代謝を促します。

 

また、燕の巣(シアル酸)は、美容効果や育毛成果があるとされていて、タンパク質の生成をサポートする有効成分です。

 

ザ・スカルプ5.0CとDeeper3Dの成分を比較すると、キャピキシルの成分量は同じですが、その他の成分で成長因子に関係するものがDeeper3Dの方が上回っていますね。

 

髪の成長因子ではDeeper3Dの勝利

ザ・スカルプ5.0CとDeeper3D 頭皮への浸透性はどちらが優れているの?

いくら成分が良くても、頭皮にしっかりと浸透しなければ、成分の効果を発揮することはできません。

 

ザ・スカルプ5.0Cには、毛穴の1/25,000サイズまで極小したゴールド・プラチナのWナノ浸透を特徴としており有効成分が角質層までしっかり浸透します。

 

 

また、ヘアケア業界初の「マイナスイオン水」を配合し、以下のように通常の水と比較するとめぐりの力でマイナスイオン水が圧倒しています。

 

 

ザ・スカルプ5.0C

 

一方で、Deeper3Dは、本体とは別に「バリアスルー」を販売しており、本体そのものが浸透性に劣ることを証明してしまっています。(技術的なものか、販売戦略なのかは定かではありません)

 

浸透力ではザ・スカルプ5.0Cの勝利

ザ・スカルプ5.0CとDeeper3D どちらが使いやすいの?

ここではザ・スカルプ5.0CとDeeper3Dのどちらが使いやすいのかを検証してみました。

 

ザ・スカルプ5.0C

 

ザ・スカルプ5.0C

 

ザ・スカルプ5.0Cはそのまま頭皮に塗布するタイプです。

 

Deeper3D

 

ザ・スカルプ5.0C

 

Deeper3Dはスポイドで吸い取って頭皮に垂らすタイプです。

 

比較してみると、使い勝手はザ・スカルプ5.0Cの方が手軽で簡単ですが、「使用している量がわからない」といった短所があります。

 

使う量がわからないと思っていた以上に多く使ってしまったり、効果が少ないほど少量しか使っていなかったりと安定して使用することができないの点は、デメリットの一つではないかと思います。

 

Deeper3Dのスポイドにはメモリがついているので、比較するとDeeper3Dの方が、使いやすいことがわかりました。

 

使いやすさ(容量がわかるかどうかも含めて)ではDeeper3Dの勝利

ザ・スカルプ5.0CとDeeper3D まとめ

ここまで6つの項目でザ・スカルプ5.0CとDeeper3Dの比較をしてきましたが、3対3の同点であることがわかりました。

 

特徴としては、ザ・スカルプ5.0Cは価格や保証について優勢で、Deeper3Dは成分について優勢であることが分かりました。

 

多くの口コミを見ていると個人差があります。

 

最終的には実際に使ってみなければ、どちらが本当に効果があるのかはわかりませんが、判断基準の一つにしてみてください。

 

ザ・スカルプ5.0Cの公式サイトはココから↓↓↓

 

話題の育毛成分キャピキシル配合【ザスカルプ5.0c】

 

THE SCALP 5.0C

 

Deeper3Dの公式サイトはここから↓↓↓

 

キャピキシル配合スカルプローション

 

Deepre3D

 

【関連記事】

 

⇒ 「ザ・スカルプ5.0Cとフィンジアを比較してみた」はコチラ

 

⇒ 「ザ・スカルプ5.0Cとボストンスカルプエッセンスを比較してみた」はコチラ

 

⇒ 「ザ・スカルプ5.0Cとバイタルウェーブスカルプローションを比較してみた」はコチラ