頭皮のフケやかゆみが引き起こすトラブルとその対策とは?

頭皮のフケやかゆみの原因と対策を検証してみた

 

頭皮のフケやかゆみはどういったことから起こるのでしょうか?

 

また、それが原因で薄毛になる可能性も高く早めの対策が必要です。

 

頭皮のフケとかゆみの原因と対策を検証してみました。

 

頭皮のフケやかゆみの四つの原因とは?

ザ・スカルプ5.0C

 

あなたはどんな時に頭皮からのフケに気が付きますか?

 

男性が一番フケが気になるのは、濃紺のスーツを着ているときではないでしょうか?

 

同時に頭皮にかゆみを感じることはないですか?

 

毎晩しっかりとシャンプーして清潔にしているはずなのに・・・・

 

実は、フケやかゆみは頭皮から発せられたSOSのサインです。

 

 

その原因は、以下の4つと言われています。

 

 

1.頭皮の乾燥

 

まずは加齢によって肌の一部である頭皮も、保湿力やコラーゲンが減少して頭皮が乾燥しやすくなります。

 

もちろん季節的な要因も大きいですね。

 

夏場は直射日光をまともに受けて紫外線による乾燥の危険にさらされ、冬場は空気の乾燥も容赦なく
頭皮を痛めつけます。

 

乾燥が続くと頭皮の水分が減少し、表面をカバーしている角質層が剥がれてしまいます。

 

この剥がれた 頭皮の一部がフケの原因 になります。

 

そして乾燥のダメージを負った地肌は、外部からの刺激を受けやすい敏感肌になってしまいます。

 

そして、それまでは角質層に守られていたかゆみを感じる神経がむき出しになって、かゆみが起こったりします。

 

 

2.常在菌の増加

 

人の頭皮には肌と同様にいくつもの常在菌が存在しています。

 

その一つである 「マラセチア菌」 は、アクネ菌とともにニキビの原因菌でもあり、湿気と皮脂を大変好むカビ一種です。

 

 

このマラセチア菌が頭皮で増えすぎると、頭皮のターンオーバーが異常な速度になり、頭皮の細胞片が出来上がっていないうちにフケ状に剥がれ落ちます。

 

この 剥がれ落ちた細胞片がフケ となります。

 

そして、地肌はバリア機能が低下し、炎症が起きて かゆみ を引き起こします。

 

 

3.感染症

 

昭和初期から徐々に感染者が減少したはずのシラミが海外旅行で持ち帰った人から感染が広がっていると言われています。

 

そのシラミは、髪の毛に寄生して、頭皮から血を吸い、かゆみや湿疹を引き起こします。

 

また、足に出来る水虫が頭皮に感染して、フケやかゆみの原因になる場合もあります。

 

 

4.ストレス

 

人はストレスを抱えていると緊張状態となり汗をかきやすくなります。肌荒れの原因として不規則な食生活睡眠不足が上げられますが、頭皮でも同じです。

 

 

フケやかゆみが起こりやすくなるのはもちろんのこと、足りない潤いを補おうとして、皮脂を多く分泌するため、乾燥しているのに皮脂でべたべたするような現象が起こりやすくなります。

頭皮のフケやかゆみ その症状から見た原因の見分け方は?

また、症状から見た場合の4つの原因の見極め方についてもお伝えしておきます。

 

1.パラパラとフケが型に落ちる

 

細かくてパラパラしたフケが型に落ちている場合に疑われるのが 乾燥フケ です。

 

・夕方近くになるとフケ・かゆみが酷くなる
・空気が乾燥する冬になると頭皮がかゆくなったり髪の毛がパサパサになる
・リンスでよくすすいでいても細かいフケが出る
・アトピー性皮膚炎でフケに悩まされている

 

 

2.頭皮が赤くただれている

 

頭皮が赤くただれていて、カサカサのフケと大きめのべたべたしたフケは混在している場合には脂漏性皮膚炎になっている可能性があります。

 

 

皮脂が マラセチア菌 などによって分解され頭皮に炎症が起こっている状態です。

 

見分けるポイントは以下の通りです。

 

・耳や鼻のまわりにカサカサした炎症がある
・背中や胸にニキビができている
・夕方になると髪が束になるほど脂っぽい
・先発してもすぐにかゆみやフケがでる

 

頭皮以外にも症状がでていますね。

 

 

3.髪の根元のフケがとれない

 

これはシラミが原因で起こっているものです。

 

ポイントは、髪の根元に卵が付いているかどうかです。

 

シラミは、耳のすぐそばの襟足のあたりなどの髪の毛の根元から1センチ以内に産卵します。

 

ぱっと見は、フケと見分けが付きにくいですが、その違いとしては、ふっくらとして光沢があって、爪などで
こすっても動かない
ことです。

 

 

4.生活環境を整えてストレスが減ると治る

 

睡眠不足や食生活の乱れを改善すると症状が少なくなる場合は、ストレスが引き起こしている頭皮への影響だったことがわかります。

頭皮のフケやかゆみと薄毛との関係性は?

ザ・スカルプ5.0C

 

それでは、頭皮のフケやかゆみと薄毛には関係性があるのでしょうか?

 

どちらも頭皮の健康状態が悪いことが原因で起こっていることには間違いがありませんが、薄毛・抜け毛とAGA(男性型脱毛症)では若干違いがあります。

 

 

1.薄毛・抜け毛との関係性

 

フケやかゆみの原因である頭皮の乾燥や汚れなどは、直接手菌薄毛・抜け毛の原因となります。

 

逃避が乾燥してしまうと、髪の毛に十分な栄養が届かず、抜け毛が多くなりますし、雑菌や汚れがたまっていれば髪の毛の成長に大きな影響を与えます。

 

 

結論としては、フケやかゆみの症状は見られる場合、頭皮の健康状態が悪化しているので、髪の毛の土台となる頭皮がよい状態ではないので、そのまま放置されると薄毛にも大きく影響します。

 

 

2.AGA

 

一方薄毛や抜け毛の代表的な症状であるAGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンの乱れや遺伝
ストレスなど、身体の内面や精神的なものが大きな原因と考えられているため、一概にフケやかゆみがあれば、それだけでAGAと判断はできません。

 

ただし、フケやかゆみの放置は、抜け毛が増えてそれが原因でストレスとなり、ホルモンバランスが崩れ
AGAに進行する恐れもあるので注意が必要です。

頭皮のフケやかゆみを抑える対策方法

頭皮のフケやかゆみは薄毛にも影響があることがわかりました。

 

ここでは頭皮のフケやかゆみを抑える方法を紹介します。

 

1.頭皮の乾燥を防ぐ

 

頭皮のフケやかゆみは、地肌の乾燥から起こっていますので、乾燥を防ぐ必要があります。

 

頭皮を保湿する効果の高い成分を含む育毛剤で、薄毛対策と同時に頭皮の改善を図ります。

 

おススメ育毛剤

 

商品名 ザ・スカルプ5.0C

 

ザ・スカルプ5.0C

 

特徴:頭皮を保湿する効果の高いプラセンタエキス配合

 

>>> THE SCALP 5.0C

 

商品名 フィンジア

 

ザ・スカルプ5.0C

 

特徴:キャピキシジルとピディオキシジルを配合し頭皮の血行促進効果が高い

 

>>> フィンジア

 

商品名 ナノインパクト100

 

ザ・スカルプ5.0C

 

特徴:100兆の浸透力で毛根まで有効成分が浸透

 

>>> ナノインパクト100

 

2.使用しているシャンプーを変える

 

普段使用しているシャンプーやトリートメントの刺激が強すぎて、頭皮に炎症を起こす場合もあります。

 

シャンプーを出来るだけ低刺激で無添加なものや、アミノ酸が配合されているものに変えるのも効果的です。

 

また、シャンプーの方法は以下を参考にしてください。

 

@ 入浴前にブラッシングをして、髪に付着している汚れなどを落としやすくする

 

A ぬるめの湯で髪の汚れや整髪量を落とす

 

B シャンプーの量は、手のひらに10円玉サイズほどにする(必要以上に多く使わない)

 

C 頭を洗う時は爪を立てずに指の腹でマッサージするように洗う

 

D 洗い終わったらしっかりとすすぐ(シャンプーの成分を髪に残さない)

 

3.シャンプーの使用頻度

 

頭皮のフケやかゆみを気にして、過剰にシャンプーする回数を増やすことは、頭皮に必要以上の刺激を
与えてしまうので注意が必要です。

 

シャンプーは 1日1回 で十分です。

 

4.生活習慣を改善する

 

・バランスのとれた食生活をする
・しっかりと睡眠時間を確保する
・軽い運動などで気分転換を図りストレスを低減する。

 

頭皮のフケやかゆみの症状が表れた場合、なるべく早く対処するようしましょう。

 

ザ・スカルプ5.0Cは口コミは本当?それとも嘘?に戻る