ザ・スカルプ5.0Cに配合された主要成分の効果を徹底的分析

ザ・スカルプ5.0Cの効果を徹底分析

 

ザ・スカルプ5.0Cには、話題のキャピキシルが配合されています。

 

さらに、有効な成分である発酵プラセンタ、アロエの効果をここでは紹介いたします。

 

ザ・スカルプ5.0Cに配合されているキャピキシルの効果とは?

ザ・スカルプ5.0C

 

公式サイトで最安値で手に入るザ・スカルプ5.0Cには、今までのスカルプケア剤成分の3倍の効果があるといわれているキャピキシルが、5%配合されています。

 

 

1.キャピキシルとは

 

キャピキシルは、カナダのLUCAS MEYER COSMETICS社によって開発された成分で、成長因子(アセチルテトラペプチド-3)と植物(アカツメクサ花エキス)の2つを掛け合わせたものです。

 

 

1) アセチルテトラペプチド-3の効果

 

ザ・スカルプ5.0Cの主成分アセチルテトラペプチド-3は、4つのアミノ酸で構成されたペプチドで、毛包に対して直接働きかけて毛包の固定力を高める効果があります。

 

「ペプチド」とは、複数のアミノ酸が組み合わされて作られた成分を指しています。

 

このアミノ酸は人工的に組み合わせて作られて、強力な細胞修復機能を持ち、毛乳頭、毛母体を活性化される作用を持っています。

 

2) アカツメクサ花エキスの効果

 

ザ・スカルプ5.0Cのもう一つの主成分であるアカツメクサ花エキスは、別名をレッドクローバーとも呼ばれており、ヨーロッパが原産のハーブです。

 

日本でも明治時代からぜんそくや肌の疾患のケアなどを目的に使われていました。

 

アカツメクサ花エキスが髪の毛にとってなぜ有効な成分なのか、それは女性ホルモンとよく似た働きをするイソフラボンが含まれているからです。

 

イソフラボンは、「ビオカニンA」というもので、男性ホルモンDHTを生成する5αリダクターゼを阻害して脱毛の原因を徹底的に排除します。

 

 

しかも、ザ・スカルプ5.0Cの主成分であるアカツメ花エキスに含まれるイソフラボンの量は、大豆の10倍〜20倍とも言われていて、頭皮への吸収も良く脱毛の予防に適した成分を持っています。

 

 

2.ザ・スカルプ5.0Cに二つの主成分が配合されている意味

 

ザ・スカルプ5.0Cの2つの主成分は、育毛に足りない成分を補いあっています。

 

人工的に作られたアセチルテトラペプチド-3は、単体では抜け毛を防ぐことはできません

 

同時に、脱毛抑制効果のあるもうひとつのザ・スカルプ5.0Cの主成分アカツメクサ花エキスと一緒に配合することが必要です。

 

 

ザ・スカルプ5.0Cの主成分であるアセチルテトラペプチド-3アカツメクサ花エキスのメリットであるは発毛促進と脱毛効果が相乗効果として、初めて育毛促進をサポートできることになります。

ザ・スカルプ5.0Cに配合されている発酵プラセンタの効果とは?

ザ・スカルプ5.0Cには次世代プラセンタと言われる発酵熟成プラセンタが配合されています。

 

公式サイトにも書かれていますが、ポイントを以下にまとめてみました。

 

・プラセンタを1ヶ月発酵した後2ヶ月の熟成
・発酵熟成により、従来のプラセンタより吸収性と有用成分が大幅アップ
・国内の2%の農場でしか生産できない国内最高級ランクの素材であるSPF豚を使用
・凍結酵素抽出法を採用し熱による破壊を予防

 

プラセンタは馬が良いといわれていますが、ザ・スカルプ5.0Cに含まれている発酵熟成プラセンタは下図のように、従来の馬プラセンタの有効成分を大きく上回ります

 

ザ・スカルプ5.0C

 

 

分析試験項目について

 

ザ・スカルプ5.0Cに含まれる発酵熟成プラセンタの成分について紹介します。

 

1.EGF

 

EGFは、上皮細胞増殖因子と呼ばれていてアメリカの生物学者でありスタンレー・コーエン博士が
ノーベル賞を受賞した成分です。

 

EGFはもともと人のカラダにある成分ですが、20代半ばから急速に減少し、細胞の活力がなくなり
徐々にターンオーバーの周期も長くなってしまいます。

 

 

当然ながら頭皮のヘアサイクルにも影響してきます。それを予防するために、ザ・スカルプ5.0Cに含まれる発酵熟成プラセンタは皮膚表面の上皮細胞に働きかけて頭皮を活性化させることで、再生力を取り戻すことが期待できます。

 

 

2.FGF

 

EGFは、上皮細胞増殖因子といわれている通り、皮膚の表目で働きます。一方FGFは真皮で効果を発揮します。

 

FGFは線維芽細胞増殖因子のことで、肌のハリや弾力を保つ働きをする真皮層に大きな影響を与えます。

 

良く聞かれる肌によいといわれているコラーゲンヒアルロン酸なども、真皮層に存在しており、これらを活性化させる働きがあります。

 

 

また、発酵プラセンタについては、東京大学大学院 化学生命工学博士である崔允聖博士も
発酵熟成プラセンタについて以下のようにコメントしています。要約し掲載します。

 

・15年前から化粧品業界に従事
・商品の機能性だけでなく、生体適合性や生分解性で人体に悪い影響がないか研究
・機能性を有する成分として、最も評価しているのがプラセンタ
・プラセンタの中でも発酵熟成プラセンタが従来品よりも優れている

 

 

このように、ザ・スカルプ5.0Cに配合される発酵熟成プラセンタには、肌を活性化する2つの成分EGFとFGFがしっかり配合され、頭皮を活性化し、ヘアサイクルを正常に働かせる効果があります。

ザ・スカルプ5.0Cに配合されているアロエの効果とは?

公式サイトで最安値で購入することが出来るザ・スカルプ5.0Cには、効果を発揮する2つの重要な成分が配合されています。

 

@ キャピキシル

 

キャピキシは、人工的に作られたアセチルテトラペプチド-3の育毛力と、天然素材のアカツメクサ花エキスの脱毛予防力を融合した成分

 

A 発酵熟成プラセンタ

 

豚のプラセンタを発酵熟成することで、有効といわれる馬プラセンタのEFGが55倍、FGFの値も増加し、頭皮を改善する成分

 

そして、3つ目として保湿力を発揮するアロエが配合されています。

 

ザ・スカルプ5.0C

 

実は、どれほどスカルプケアが良くても、畑でいえば土となる土台である頭皮の環境が整っていなければ効果を発揮することはできません。

 

ザ・スカルプ5.0Cでは、保湿力を維持するためにアロエをしっかり配合しています。

 

ここでは、アロエの特徴について紹介します。

 

アロエは古くから火傷の後などに、まだ詳しい成分が知られる前から、生活の知恵として使われてきました。

 

アロエにもいくつかの種類がありますが、ザ・スカルプ5.0Cに使われているのは、アロエベラです。

 

アロエには、大きく分けると3つの成分があります。成分と効能について下記に記載しています。

 

・植物フェノール成分

 

アントロン化合物(アロイン)、アントラキノン類
効能:鎮静剤、細菌繁殖防止、酵素活性抑制など

 

・多糖類系成分

 

アロエマンナン、グルコン酸
効能:美肌、やけど、キズの治癒、細胞活性化、殺菌

 

そして、ザ・スカル5.0Cの効能として、頭皮の保湿に優れていることがあげられます。

 

上記の多糖類の成分が優れた保湿力を持っています。

 

保湿力があることで有名なヒアルロン酸の約2倍もの保湿力があると言われ、その優れた保湿力で肌を乾燥から守る化粧品などに使われています。

 

 

化粧品で使われる肌が保湿できるということは、同じように頭皮の乾燥も防いで、頭皮を潤す効能があるため育毛剤などにも使われています。

 

 

ザ・スカルプ5.0Cには、キャピキシルと発酵熟成プラセンタ、そしてこの記事で紹介しているアロエとどれか一つが欠けても効果を発揮することができない重要な成分なんですね。

 

ザ・スカルプ5.0Cは口コミは本当?それとも嘘?に戻る