成長因子オクタペプチド-2が発毛を促進する仕組みとは?

注目の成長因子オクタペプチド-2の役割とは?

 

成長因子は別名グロスファクターのことですが、男性よりも女性の方が身近に感じている言葉ではないでしょうか?

 

成長因子は美容液にも含まれていて、アンチエイジング効果があると美容業界でも注目を集めています。

 

また、最近の研究で薄毛治療にも応用できるのではないかと育毛業界でも脚光を浴びています。

 

育毛への働きなどを紹介したいと思います。

成長因子(グロスファクター)と薄毛の関係とは?

成長因子の役割は髪の毛が成長するために必要な信号を発することです。

 

髪の毛は毛母細胞が細胞分裂を起こしながら成長していきます。その間に成長因子は毛母細胞が細胞の分裂を行うように信号を送っています

 

 

加齢や頭皮の異常などで、成長因子が不足してしまうと、髪の毛を成長させるための信号が届かないために、薄毛につながっていきます。

 

 

成長因子には、複数の種類があります。

 

・VEGF(血管内皮増殖因子)
・α-FGF(線維芽細胞増殖因子)
・IGF(インスリン様成長因子)
・KGF(角質細胞増殖因子)
・チモシンβ4

 

この記事で取り上げた成長因子オクタペプチド-2は、毛包にあるバルジ領域を活性化する成長因子
チモシンβ4(ヒトオリゴペプチド-16)の受容体結合部のみを合成した8つのアミノ酸で合成された
ペプチドです。

 

成長因子オクタペプチド-2は、アミノ構造がシンプルで安定性、持続性にも優れています。

 

 

加齢などが原因で薄毛になっている場合に、成長因子オクタペプチド-2を投与するとバルジ領域が活性化するので、髪の毛を成長させる信号がしっかりと届くようになり薄毛の進行を遅らせ、発毛を促すサポートをします。

オクタペプチド-2の育毛への役割と問題点

成長因子(グロスファクター)の一つであるオクタペプチド-2は、成長する要因となる物質のことで、本来人の身体の中で作られますが、加齢にともなって減少していきます。

 

 

その原理を利用して、成長する因子を外部から取り入れてやろうという発送で育毛剤にオクタペプチド-2が配合されることになりました。

 

 

1.オクタペプチド-2の育毛の効果は?

 

ザ・スカルプ5.0C

 

上図の毛根の根元より少し表皮に近い場所のことを [バルジ領域] と呼びます。

 

オクタペプチド-2は、このバジル領域を活性化して、毛包幹細胞を生成するように促す働きを持っています。

 

毛包幹細胞が髪の毛の元となる毛母細胞になることが今までの研究でわかっていますので、バジル領域を刺激するオクタペプチド-2が間接的にですが、発毛に効果があることが判明しています。

 

 

2.育毛剤によくある副作用は?

 

育毛剤の成分には、もともと医療用に使っていたものを配合し、その結果副作用を起こすような成分もあります。

 

その点ではオクタペプチド-2は、もともと人の体内で作られている成分なので、副作用の問題点はクリアできます。

まとめ

髪の毛は毛母細胞が細胞分裂を起こしながら成長していきますが、加齢や何らかの原因で本来伝わるべき信号が途切れてしまい薄毛になってしまいます。

 

そんな時には、成長因子であるオクタペプチド-2が毛包幹細胞を活性化することが分かってきています。

 

成長因子オクタペプチド-2が配合された育毛剤などによって、途切れた信号を活性化させて正常化する役割をになっています。

 

ザ・スカルプ5.0Cは口コミは本当?それとも嘘?に戻る